お知らせ

短信2018.12.11

琉球大学山田准教授による気象ゾンデ放球の実演

沖縄電磁波技術センター施設一般公開を開催

11月23日(勤労感謝の日)、沖縄電磁波技術センターの施設一般公開を開催し、171名のご来訪をいただいた。毎年恒例の降雨レーダ(PANDA)の鉄塔ツアーやスピードガン体験を通じて、リモートセンシング…

発表した原子時計向けMEMS発振回路

小型原子時計開発チームがセンサ・マイクロマシン部門大会にて優秀技術論文賞を獲得

10月30日~11月1日に、札幌で開催された第35回「センサ・マイクロマシンと応用システム」シンポジウム(センサ・マイクロマシン部門大会)にて、時空標準研究室の原研究員が発表を行なった ”圧電薄膜…

受賞した大坪望研究員

大坪研究員が荷電トラップ粒子国際会議で優秀ポスター賞を受賞

9月30日~10月5日に、アメリカ合衆国ミシガン州・トラバースシティで行われた第7回国際会議「荷電トラップ粒子と基礎物理」(7th International Conference on Trapped Charged Particles and Fundamental…

一覧へ

研究者・研究室紹介

プレスリリース

プレスリリース一覧

【2019.01.16】
世界初!地球近傍の宇宙で発生するプラズマと電磁波の相互作用発生域の可視化に成功
~最新の科学衛星「あらせ」と極北のオーロラ観測から宇宙の物理現象を理解~

金沢大学理工研究域電子情報通信学系の尾崎光紀准教授、名古屋大学宇宙地球環境研究所の三好由純教授、塩川和夫教授、電気通信大学の細川敬祐准教授、国立極地研究所、京都大学、東北大学、JAXA宇宙科学研究所、フロリダ大学(アメリカ合衆国)、国立研究開発法人情報通信研究機構、アサバスカ大学(カナダ)などの国際共同研究グループは、地上で観測されるオーロラを使い、地球近傍の宇宙で発生する…

科学衛星「あらせ」とPWING地上観測網の協調観測イメージ

NICT NEWS 2018年5月号 No.469

PDF NICT NEWS No.469(8.8 MB)
特集:リモートセンシング技術の新展開