お知らせ

2018年度
施設一般公開予定

2018年11月23日(金・祝)
沖縄電磁波技術センター(沖縄県国頭郡恩納村)
一覧へ

研究者・研究室紹介

プレスリリース

プレスリリース一覧

【2018.07.19】
世界初の実用型「マルチパラメータ・フェーズドアレイ気象レーダ(MP-PAWR(エムピーパー))」を用いた実証実験の開始について

内閣府のSIP「レジリエントな防災・減災機能の強化」の施策として、NICTをはじめとする研究グループは、昨年度開発した世界初の実用型「マルチパラメータ・フェーズドアレイ気象レーダ(MP-PAWR)」を用いた実証実験のための観測を7月初めから開始しました。
MP-PAWRは、30秒から1分で雨雲の高速三次元観測が可能なフェーズドアレイ気象レーダ(PAWR)と雨量を高精度で計測できる…

マルチパラメータ・フェーズドアレイ気象レーダ(MP-PAWR)

NICT NEWS 2018年5月号 No.469

PDF NICT NEWS No.469(8.8 MB)
特集:リモートセンシング技術の新展開

トピックス

沖縄県立博物館・美術館イベント「カガクジカン2018」

4月21日、沖縄県立博物館・美術館において親子向けの科学イベント「カガクジカン2018」が開催されました。会場では、降雨観測や電離圏観測など、沖縄電磁波技術センターの研究成果を中心に紹介すると同時に、地球上の雲の様子を示した「ミニ地球儀」の自作など、子供たちに向けた工作教室を実施、たくさんの親子連れが訪れました。(2018.05.15)

日本標準時神戸副局の運用開始

日本標準時の生成および供給が災害時にも途切れることがないように、小金井市にあるNICT本部の設備に加えて、時系生成に必要となる複数の原子時計などを備えた副局を新たに神戸市内の未来ICT研究所に設けました。6月10日の「時の記念日」に合わせて定常運用を開始し、明石市では日本標準時を紹介するイベントなども開催されました。(2018.06.26)

一覧へ