宇宙環境研究室 Space Environment Laboratory

宇宙・地球環境データ観測・収集、数値計算技術の統合

宇宙天気予報、それは宇宙にまで活動範囲を広げてきた人類にとって、無くてはならない技術になりつつあります。

太陽表面の爆発現象に端を発する宇宙環境の擾乱は、地球磁気圏、さらには電離圏にまで影響を及ぼし、その結果、無線通信 障害や人工衛星の誤動作を引き起こすなど社会インフラの安全性を脅かすこともあります。

このような宇宙環境擾乱による災害の低減に資するため、当研究室では、多様な宇宙環境観測網の展開と宇宙環境シミュレーションの開発及び観測とシミュレーションの融合を通して、宇宙天気予報精度向上のための研究開発を行っています。

また、毎日の宇宙天気予報を実際に発信する業務も行っています。

研究室長:石井 守

宇宙天気予報センター

宇宙天気予報センター


研究室