2014年7月5日(土)

山川電波観測施設
太陽電波観測システム完成記念式典および記念講演会開催

宇宙環境インフォマティクス研究室は、2014年7月5日に山川電波観測施設(鹿児島県指宿市)において「太陽電波観測システム完成記念式典」を開催しました。

今回完成した太陽電波観測システムは、老朽化した平磯太陽観測施設の電波観測システム“HiRAS”の後継に当たり、電波インフラに影響を与える太陽活動をいち早く検知するために装置されました。これにより宇宙天気臨時情報等の発信をより早く行い、利用者が電離圏嵐などの現象に備える時間をより長く確保することが可能になります。とくに今回完成した装置は時間分解能等で世界トップクラスの性能を持ちます。

式典には、指宿市職員、教育長はじめ教育委員会、周辺の小中高校の校長先生等約60名を超える参加があり、式典の後には、今回完成したシステムのアンテナ見学会を開催しました。

また、隣接する指宿市山川図書館2階講演会場においてNICT職員の講演を2件行いました。講演会場外のロビーでは、ダジックアースや南極の石・氷や防寒服などを展示するとともに、「南極からはがきを出そう」コーナーを開催、近隣住民の方々を中心に約200名の参加がありました。

写真:今回完成した太陽電波観測システム

今回完成した太陽電波観測システム

写真:施設見学会

施設見学会