2015年10月1日(木)

Pi-SAR・Pi-SAR2の観測データの公開

NICTは、現在、研究開発している航空機搭載合成開口レーダPi-SAR2(2008~)及び開発が完了した航空機搭載合成開口レーダPi-SAR(1998~2007)の観測データを広く研究者及び行政実務者に利用していただくためにWeb上でその観測データを公開いたします。

観測データの公開は、NICTが開発・構築したPi-SAR・Pi-SAR2の観測データ検索・配信システム(https://pi-sar.nict.go.jp/)を利用して実施します。公開されるPi-SAR及びPi-SAR2の観測データは、日本国在住で大学等の教育機関、国立研究開発法人及び行政機関に所属する職員はどなたでも利用規約(https://pi-sar.nict.go.jp/create_user_request.php)に従って、自由に利用できます。

リンク: Pi-SAR・Pi-SAR2の観測データ検索・配信システム

公開する観測データについて

提供するPi-SAR2データは、GeoTIFF形式の画像データ、再生処理後のシングルルック複素数画像データ(ssc)、振幅画像データ(mgaf)、ポラリメトリック画像データ(mgp)あるいは校正済ポラリメトリック画像データ(mgp_c)のいずれかまたは複数の形式を提供いたします。mgaf、mgpおよびmgp_cは NICTによるラジオメトリック校正を行ったデータです。

写真:Pi-SAR・Pi-SAR2の観測データ検索・配信システム

Pi-SAR・Pi-SAR2の観測データ検索・配信システム

写真:観測データを検索したときの様子

観測データを検索したときの様子