2019年2月22日(金)

第13回 NICT/EMC-net シンポジウムを開催

電磁環境研究室では、電磁両立性(EMC)研究者・技術者の情報・意見の交換を目的としたオープンフォーラム「NICT/EMC-net」を2006年に立ち上げ、オープンイノベーションに向けた活動を継続して行っている。現在の会員数は373名である。このたび、13回目となる「NICT/EMC-net シンポジウム」を2019年2月22日(金)にベルサール八重洲において開催し、通信機器や測定器等のメーカ、通信・放送事業者、試験機関、官公庁などから、会場がほぼ満席となる108名の参加をいただいた。

今回のシンポジウムでは、導入を目前に控える5GシステムにおけるEMC関連の課題について取り上げた。まず、大阪大学の三瓶教授に、5Gシステムの技術的特徴とそれらがもたらす社会への幅広い影響の可能性について基調講演をお願いした。続いて、富山大学の本田講師から、5Gシステムにおいて技術課題のひとつとされる端末のOTA(Over The Air)評価法に関する最新の知見が紹介された。また、NTTドコモ先進技術研究所の大西氏からは、第5世代携帯電話システムおよびWPT(ワイヤレス充電)の人体防護指針への適合性評価法について最新動向が述べられた。講演に続いて、EMC-netの各研究会から今年度の活動報告が行なわれた。

参加者へのアンケートでは、5Gシステムやロボット技術におけるEMC課題への関心や、若手技術者の育成への関心などのご意見をいただいた。EMC-netでは今後も産業界や関係機関と連携し、EMC分野の活動のさらなる活性化につなげていく。

リンク: NICT/EMC-netのWebサイト

大阪大学 三瓶教授富山大学 本田講師NTTドコモ 大西氏会場の様子

【プログラム】

開会挨拶
細川 瑞彦(理事)
基調講演
「5Gセルラシステムの開発動向と予想される社会へのインパクト」
三瓶 政一(大阪大学 大学院工学研究科 電気電子情報工学専攻 教授)
講演
「5GアンテナのOTA評価」
本田 和博(富山大学 大学院理工学研究部 講師)
「電波防護に関する適合性確認法の国際標準化動向」
大西 輝夫(株式会社NTTドコモ 先進技術研究所 ワイヤレスフロントエンド研究グループ 主任研究員)
EMC-net活動報告
EMC測定法研究会 石上 忍(東北学院大学 工学部情報基盤工学科 教授、NICT特別研究員)
EMC校正法研究会 藤井 勝巳(電磁波研究所 電磁環境研究室 研究マネージャー)
人体の電磁界ばく露評価研究会 多氣 昌生(首都大学東京 理工学研究科教授、NICT統括特別研究員)
将来課題研究会 後藤 薫(電磁波研究所 電磁環境研究室 研究マネージャー)
閉会挨拶
平 和昌(電磁波研究所 所長)