2019年10月8日(火)

和氣研究員が国際標準化奨励者表彰(産業技術環境局長表彰)を受賞

2019年10月8日、当研究所電磁環境研究室の和氣研究員が経済産業省の国際標準化奨励者表彰(産業技術環境局長表彰)を受賞した。この表彰は、国際電気標準会議第106技術委員会(IEC/TC106:人体ばく露に関する電界、磁界及び電磁界の評価方法)関連の国内外の標準化活動への貢献に対して与えられたものである。

和氣研究員はこれまで、IEC/TC106におけるワイヤレス電力伝送(WPT)システムの人体防護に関連した評価法について、国際標準化会議(IEC/TC106)で中心となって技術報告書の執筆を行い、我が国の意見を反映したことに加え、IEC/TC106/国内委員会等の幹事業務を行ってきた。さらにこのたび、11月15日に開催されたIEC/TC106総会においてIEC/TC106/WG9のコンビーナ(委員長)に就任した。

現在、IEC/TC106/WG9では、マイクロ波帯を利用したWPTシステムの人体防護に関連した評価法についての技術文書の策定を進めている。マイクロ波帯のWPTシステムでは人体防護を考慮した人体検知機能やビームフォーミングによるばく露量の制御が提案されており、それら機能に対する評価法の確立が求められている。電磁環境研究室においても関連研究を進めており、和氣研究員のコンビーナ就任によって国際標準化活動に一層貢献できる。

授賞式の様子受賞者集合写真賞状