2018年6月29日(金)、30日(土) 9:30 - 17:00(30日(土)は16:30まで)

NICTオープンハウス2018のご案内 <入場無料>

会場:国立研究開発法人情報通信研究機構 本部
東京都小金井市貫井北町4-2-1

情報通信研究機構(NICT)では、最新の研究成果について講演や展示等によりご紹介する「NICTオープンハウス2018」を今年も開催いたします。今年度は、平日(金曜日)に加えて土曜日も開催し、学生向けのプログラムも準備しました。電磁波研究所の主な出展内容は以下のとおりです。多くの皆さまのご来場をお待ち申し上げます。

技術展示

最新の研究成果について、デモやパネル展示等により幅広くご紹介します。

■ 最先端技術を支える高精度な時間と周波数の世界

日本標準時システムをご覧いただくとともに、正確な周波数と時刻を作って測って配るための研究および技術開発の成果を紹介します。

2号館3階 日本標準時展示室

■ 電磁波利用環境を守る研究開発

電波に関する計測法や計測装置の較正、人体の電波吸収特性を調べるための人体モデルなどについて紹介します。

3号館1階ロビー西側 展示エリア

■ 電波と光の眼で見る地球環境

航空機搭載合成開口レーダー(Pi-SAR2)、フェーズドアレイ気象レーダー、ドップラー風ライダーなどを用いた地球環境計測の最新の成果を紹介します。

6号館1階ロビー 展示エリア

■ HOPTECH ホログラム印刷技術とその応用

ホログラムプリンタで作成したホログラフィック光学素子や、それを用いたディスプレイへの応用などを紹介します。

6号館1階ロビー 展示エリア

■ 宇宙天気予報センターの公開

宇宙天気に影響を及ぼす様々な現象をリアルタイムに監視するセンターを紹介します。

6号館4階 宇宙天気予報センター

ラボツアー事前申込制 お申し込み状況・お申し込みはこちら

電磁波研究所では以下のコースをご案内します。
日々、研究者たちが研究している現場、施設を体感できる絶好の機会です。

Bコース 宇宙天気予報センター予報会議実演 / 宇宙天気ミニ講座

 予報会議実演太陽ミニ講座磁気圏ミニ講座電離圏ミニ講座
29日14:15 - 14:4513:00 - 13:3015:15 - 15:4516:15 - 16:45
30日14:15 - 14:45   

Cコース テラヘルツ波送受信システム:未開拓周波数電波の利用研究

29日13:30 - 14:00 / 15:30 - 16:00
30日11:00 - 11:30 / 13:30 - 14:00 / 15:30 - 16:00

Dコース 原子周波数標準技術(3コース)

 光格子時計単一イオン時計原子時計チップ
29日14:00 - 14:30 / 15:00 - 15:30  
30日13:00 - 13:3010:30 - 11:00 / 13:45 - 14:1511:15 - 11:45 / 14:30 - 15:00

Gコース 電波を正確に測るための巨大空間:5面/6面共用大型電波暗室

30日11:30 - 12:00

この他30日(土)には、上記のコースと電磁波研究所以外のコースを3か所セットにした中高生お勧めコース、大学生お勧めコースもございます。詳しくはWebサイトをご覧ください。

サイエンストーク事前申込制 お申し込みはこちら

開催日時30日 10:30 - 12:00 4号館2階 大会議室

「研究者ってどんな人? ~とある時空間研究者の場合~」[定員20名 学生向けプログラム]

時空標準研究室 志賀 信泰

講演者はどのようにして研究者になったのか?研究者とはどういう仕事か?年収は?何でもお答えします!
時間と空間を測るとは突き詰めるとどういう研究なのか?時空間を測る技術は何が楽しい?
※本トークではファシリテーターがナビゲートいたします。

その他、NICTオープンハウス2018に関する詳細および最新の情報は、
http://www.nict.go.jp/open-house2018/ をご覧ください。

皆様のお越しをお待ちしております。

お問い合わせ先:電磁波研究所 企画室
e-mail: aer-oh[@]ml.nict.go.jp ※ [@] を半角@に変えてください。